L o a d i n g .  
S e a r c h i n g .

駅チカ!ホテル検索

全国の駅や目的地に近い宿泊施設を予約できます。

ホテル ブログ

ホテル予約の新常識!旅行比較サイトのおすすめはこれだ!

2017/11/10

2~3年前から東京都のビジネスホテルを予約しにくい状況が続いております。これは訪日外国人旅行者数の増加でホテルの需要が高まる、いわゆるインバウンド需要が影響しています。

2020年の東京都オリンピック・パラリンピックの開催で、日本という国は世界から注目を集めており、今後は東京都を中心とした都市部のホテルも予約しづらくなると予想されます。

出張族には耳が痛い話ですが、それでもホテルの空室を見つけて出張しなければならない使命があります。本稿ではおすすめの「旅行比較サイト」と、なぜ空室が見つかるのかをまとめます。

旅行比較サイトとは

じゃらんnetや、楽天トラベルJTBエクスペディアといった大手旅行サイトからマイナーな旅行サイトまで、数百社の旅行サイトを横断的に検索し、宿泊料金の最安値や決済手段などを提示してくれるサービスです。

注目すべきは「マイナーな旅行サイト」を比較対象に含んでいること。大手旅行サイトが軒並み満室でも、マイナーな旅行サイトに空室があることは珍しくありません。個人ですべてのサイトをチェックするのは大変なので、旅行比較サイトを使って空室のあるホテルを洗い出します。

世の中には旅行比較サイトも多数ありますが、私のおすすめは日本最大手であり老舗の『トラベルコ』、「ネットでホテルを探したことがありますか?同じ部屋でもサイトによって価格が違うことってありますよね」のCMでもおなじみの外資の雄『トリバゴ』です。

次節以降にそれぞれのサイトのメリット・デメリットを記載します。

トラベルコとは

株式会社オープンドアが運営する旅行比較サイトです。1997年(平成9年)に旅行比較サイト「トラベルコちゃん」をオープンし、同年に海外ツアー検索サービス、海外航空券検索サービスを追加、2000年(平成12年)には国内ツアー検索サービス、2004年(平成16年)には国内宿泊検索サービスを追加するなど、20年間の実績の中でホテルだけではなく航空券やツアー、海外WiFiレンタルにいたるまで、旅のすべてを比較できるサイトに成長しました。

2017年(平成29年)に名称を「トラベルコ」へ変更し現在に至ります。

トラベルコ

トップページにも記載されている通り、国内外500以上の旅行サイトを比較することができ、情報量の多さが第一のメリットになります。

また、旅行予約サイトへ遷移する前に一泊あたりの明細と料金の総額を確認できたり、旅行予約サイトが日本語対応していない海外サイトの場合は警告が表示されるなど、サイト全体が日本人向けに最適化されていることが最大のメリットといえるでしょう。

トラベルコ

デメリットはその情報量の多さから若干処理が重たく感じる程度でしょうか。これも私は許容範囲内だと考えています。

トリバゴ(trivago)とは

国内外の宿泊施設に関する料金比較を扱う、ウェブサイトおよびアプリの総称です。

trivago N.V.は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州・デュッセルドルフに本社を置く、同サービスの運営企業であり、エクスペディアのグループ企業の一つです。

トリバゴ(trivago)

トップページはシンプルイズベスト。目的地(都市名や駅、ランドマーク)を入力すると日付選択カレンダーが表示されるので、チェックイン、チェックアウト日を選択後、部屋タイプを指定するだけでホテルの比較ができてしまいます。

トリバゴ(trivago)

国内外200以上の旅行サイトから190以上の国の180万件のホテルを比較できます。年間14億人が利用するだけあって、その操作性は分かりやすいの一言に尽きます。私が過去に閲覧したサイトの中でも一二を争う秀逸なインターフェースです。

デメリットはランドマークを指定しての検索がやや弱い点が挙げられます。例えば2017年11月時点では「東京スカイツリー」を指定しての検索ができません。

この場合はランドマークの最寄駅を入力して検索するしかありません。

手前みそにはなりますが、ランドマークの最寄駅は以下のサービスから検索することができます。

目的地の最寄駅を探す

目的地周辺の駅を検索し地図に表示します。地図上のピンをタッチすると、駅の名前や電話番号、住所、目的地から駅への行き方を確認できます。

旅行比較サイトをうまく使って、快適な旅をお過ごしください。

-ホテル, ブログ